気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)
パソコンの検索マーク
携帯の検索マーク
地域の適応

国立環境研究所との共同研究(適応型)

環境研究の発展及び気候変動適応法第11条に定める地域への技術的援助の一環として、「気候変動適応に関する地域気候変動適応センター等との共同研究」を実施しています。特に期限を定めずに随時募集を行っておりますので、ご関心のあるテーマ等ございましたらお問合せください。

資格

国環研と共同研究を行う研究者は、地域気候変動適応センター、又は地方公共団体が地域気候変動適応センターの役割を担わせることとして、設立準備を進めている組織(地域適応センター等と呼ぶ)に所属し、当該研究実施に必要な能力と経験を有するものとする。

研究内容・期間

  • 気候変動影響の観測・監視及び予測・評価並びに気候変動適応に関する研究に限る。
  • 国立環境研究所において共同研究計画を定め、国立環境研究所と複数の地域気候変動適応センター等の研究者が参加して共同研究を実施するもの。
  • 研究期間は令和3年3月までとする(令和3年度以降は、3カ年を限度とすることを予定)。ただし、継続研究を新たな研究として実施することは妨げない。

費用

  • 共同研究に要する費用については、研究の分担に応じてそれぞれの研究者が所属する機関において負担することとする。国立環境研究所あるいは地域適応センター等に一定期間滞在して行う共同研究が必要な場合は、その費用を共同研究の予算の中に確保するものとする。
  • 共同研究推進のために、外部資金の獲得にも最大限努力するものとする。

共同研究(適応型)応募スキーム

ページトップへ