気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)
検索マーク
検索マーク
適応ビジネスの事例

三井化学産資株式会社

業種:製造業

樹脂製長尺かごマットによる河川護岸の侵食対策

掲載日 2020年1月27日
適応分野 自然災害・沿岸域

会社概要

三井化学産資株式会社ロゴ

三井化学産資は、くらしを支えるインフラ・土木建築事業に優れた工法・システム・サービスを提供し、これらのために安定かつ高性能の産業資材を開発・生産・販売する企業である。

気候変動による影響

今後、気候変動により豪雨災害が激甚化する可能性がある。豪雨による河川増水は、河川護岸の侵食や、最終的には河川堤防の決壊に繋がる。

適応に関する取り組み

三井化学産資の長尺かごマット「ジオシェルトン」(図1)は、河川護岸に設置されることにより、河川護岸の洗堀・侵食を防止する。高強度ジオグリッド(注)製で、重機で吊り上げても形くずれせず、短時間で設置することが可能なために大幅な工期短縮が図れる。また、錆びの心配がないため河川や海岸での使用に適しており、水中施工も可能である。

(注)ジオグリッドとは、合成樹脂製の引張抵抗性を有する網目状補強材で、主に道路盛土などの補強土壁工法に用いられる。

図1 ジオシェルトン設置後の様子

効果/期待される効果等

長尺かごマット「ジオシェルトン」を河川護岸に設置することにより、豪雨による河川増水時において、河川護岸の洗堀・侵食防止に大きく貢献する。また、災害用備蓄資材として備蓄しておくことで、堤防決壊時の応急対策としても活用が可能である(図2)。

図2 ジオシェルトンの備蓄の様子