長期変化傾向(赤直線)の評価について

図において、統計期間にわたってデータが均質なもの(観測場所の移転が無かったり、その影響が補正されていたりするもの) については、長期変化傾向の評価(増減傾向が偶然に見えるものかどうかの評価)をしています。

評価として表1のように表現を分けています。

統計期間内でデータが均質でない場合(観測場所が移転している場合等)は、長期変化傾向の評価はしておりません。

図の横軸上のマーク( ×, )は、それぞれ次のことを示しています。

  ×:欠測等によりデータが無い。
  :観測場所の移転により、その前後でデータは均質でない。
  :観測場所の移転による影響は補正されており、その前後でデータは均質である。

○全国情報について

  • 年平均気温偏差は次の15地点の平均値を示しています。
    網走,根室,寿都(すっつ),山形,石巻,伏木,飯田,銚子,境,浜田,彦根,宮崎,多度津,名瀬,石垣島
  • 年降水量偏差は次の51地点の平均値を示しています。
    旭川,網走,札幌,帯広,根室,寿都,秋田,宮古,山形,石巻,福島,伏木,長野,宇都宮,福井,高山,
    松本,前橋,熊谷,水戸,敦賀,岐阜,名古屋,飯田,甲府,津,浜松,東京,横浜,境,浜田,京都,彦根,
    下関,呉,神戸,大阪,和歌山,福岡,大分,長崎,熊本,鹿児島,宮崎,松山,多度津,高知,徳島,名瀬,
    石垣島,那覇
  • 真夏日の年間日数、猛暑日の年間日数は、年平均気温偏差の15地点から飯田と宮崎を除いた13地点の平均値を示しています。(この2地点は観測場所の移転により統計期間内でデータが均質でないため除いています。)

表1 長期変化傾向の評価による表現の違い
信頼度水準 記述方法
99%以上で有意 「増加(減少)している(信頼度水準99%で統計的に有意)」
「上昇(下降)している(信頼度水準99%で統計的に有意)」
95%以上で有意 「増加(減少)傾向が現れている(信頼度水準95%で統計的に有意)」
「上昇(下降)傾向が現れている(信頼度水準95%で統計的に有意)」
90%以上で有意 「増加(減少)しているとみられる(信頼度水準90%で統計的に有意)」
「上昇(下降)しているとみられる(信頼度水準90%で統計的に有意)」
上記以外 「変化傾向は見られない」