気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)
パソコンの検索マーク
携帯の検索マーク

令和2年度 気候変動適応研修(中級コース)

日時 令和3年1月29日(金)10:00~17:30
場所 オンライン開催(Zoomウェビナー)
主催 国立環境研究所 気候変動適応センター

研修目的と内容

最近、気象災害の増加など、気候変動の影響を身近に感じる機会が増えてきました。2018年に制定された気候変動適応法を受け、地域気候変動適応計画の新たな策定や、今ある計画の改定を検討される地域が増えています。
そこで地方公共団体や地域気候変動適応センターの担当者を対象に、計画策定等に当たって必要となる知見や方法を習得できるよう、専門家の講義を中心とした研修を開催いたしました。
講義内容につきましては、下記のプログラムをご参照ください。

プログラム

※画像をクリックすると講義動画(YouTube)をご覧いただけます。

受付開始(音声チェック等)
9:30
主催者挨拶および研修概要説明
10:00 – 10:10

開会挨拶

国立環境研究所 気候変動適応センター
向井 人史 センター長

研修項目および研修内容
10:10 – 11:10

講義1
気候変動予測の背景

気象庁気象研究所 
高薮 出 主任研究官

11:10 – 12:10

講義2
気候変動予測の見方

気象庁気象研究所 
高薮 出 主任研究官

12:10 – 13:10
昼休憩
13:10 – 14:10

講義3
農業分野の気候変動影響と適応策の評価

農研機構 農業環境変動研究センター
西森 基貴 ユニット長

14:10 – 15:10

講義4
暑熱分野の気候変動影響及び適応 -健康に焦点を当てて-

筑波大学 本田 靖 名誉教授
国立環境研究所 気候変動適応センター・客員研究員

15:10 – 15:20
休憩
15:20 – 16:20

講義5
自然環境における気候変動影響との付き合い方

国立環境研究所 気候変動適応センター 気候変動影響観測・監視研究室
小出 大 研究員

16:20 – 17:20

講義6
豪雨災害に関する気候変動予測と適応

京都大学防災研究所 中北 英一 教授

閉会挨拶
17:20 – 17:30

閉会挨拶

国立環境研究所 気候変動適応センター
吉川 圭子 副センター長

(最終更新日:2021年5月14日)

ページトップへ