気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)
パソコンの検索マーク
携帯の検索マーク

公民連携で「かもめタウン」を活用した熱中症注意喚起

掲載日 2019年7月23日
分野 健康、国民生活・都市生活
地域名 関東(神奈川県横浜市)

気候変動による影響

横浜地方気象台で観測された夏(6~8月)の平均気温の経年変化 (統計期間:1897~2018年)は上昇傾向を示しています。これらの気温上昇は、気候変動の影響に加え、ヒートアイランド現象の影響も含まれることが考えられます。

取り組み

横浜市では、熱中症注意喚起の取組の一つとして、協賛企業、郵便局及び消防局が連携し、「熱中症予防のお知らせはがき」を市民へ配達する取組を実施しました。日本郵便株式会社が発行する「かもめ~る (暑中・残暑見舞はがき)」をあて名なしで希望エリアに配達する「かもめタウン」というサービスを活用し、表面には協賛企業様の広告を掲載して、裏面には熱中症予防のための対策方法や救急相談センターの連絡先を記載しています(図)。配達エリアは、協賛企業が指定する仕組みになっています。この取組は、平成28年から毎年実施されており、平成30年には184社の協賛企業が経費を負担しました。

効果/期待される効果等

市民一人一人にお知らせはがきを届けることでより確実に情報を伝え、熱中症予防の意識を高めることが期待されます。

熱中症予防のお知らせはがき(左:表面、右:裏面)

図「熱中症予防のお知らせはがき」のイメージ
(出典:横浜市「横浜市記者発表資料 かもめ~るで熱中症予防を呼びかけます」)

出典・関連情報
横浜市「熱中症情報」平成30年10月24日,
https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/eiken/hokenjoho/wadai/necchusho/heatstroke2018.files/hs1024.pdf
横浜市消防局救急課, 平成30年7月2日横浜市記者発表資料「かもめ~るで熱中症予防を呼びかけます」,
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/shobo/2018/20180702-019-27696.files/phpYlG18A.pdf
東京管区気象台「気候変化レポート2018-関東甲信・北陸・東海地方-」平成31年3月,
https://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/kikouhenka/pdf/1_1_kantokoshin.pdf
(一社)環境情報科学センター「平成30年度暑熱環境に対する適応策調査業務報告書」(環境省請負業務)
http://www.env.go.jp/air/report/h30-01/30.html

ページトップへ