はじめに
過去かこ100年間の気温の変化へんか

1. 世界の気温は高くなってきている。

これまでに世界で観測かんそくされた気温をグラフで見てみよう。世界の年平均気温ねんへいきんきおんは、過去かこ100年間で0.75℃上がっているよ。

図1世界の年平均気温の1981-2010年平均からの変化

2014年から2020年までの年平均気温ねんへいきんきおんは、もっとも暑かった年の上位じょうい7番目までをめているよ。

2. 日本でも気温の上昇じょうしょうつづいている。

日本はどうなっているだろう。日本の年平均気温ねんへいきんきおんは、過去かこ100年間で 1.26℃も上がっているよ。

図2 日本の年平均気温と1981-2010年平均値との差

とくに、日本では1990年代以降いこう、高温となる年がとても多くなっていて、このままだと、さらに気温が上がると予測よそくされているんだ。

今よりもっと暑くなるの?だいじょうぶかな

3. 気温の上昇じょうしょうは日本各地かくちで続いている。

日本国内の様々な地域ちいき観測かんそくデータも、年平均気温ねんへいきんきおんが上がり続けていることをしめしているよ。

日本の様々な地域の年平均気温(気象庁の観測データ)

地域ちいきによって変化へんかことなります。また、地域ちいきによって観測かんそくが始まった年もことなります。

 

4. 今の東京とうきょうの気温は100年前の九州の南くらい?

観測結果かんそくけっか からこんなことも見えてくるよ。例えば、東京都とうきょうとと九州の南の方にある熊本県くまもとけん宮崎県みやざきけん鹿児島県かごしまけん
年平均気温ねんへいきんきおんを100年前の1920年と2020年とで比べてみよう。
図3 東京都と熊本県の年平均気温の推移(気象庁「過去の気象データ検索」サイトよりデータ取得し作成

100年前とくらべると、どの県でも年平均気温ねんへいきんきおんが上がっているね。

2020年の東京都とうきょうと年平均気温ねんへいきんきおんは、100年前の熊本県くまもとけん年平均気温ねんへいきんきおんを上回っているよ。
 

5. 「気候変動きこうへんどう」の「影響えいきょう」、そして「適応てきおう」。

世界でも日本でも、過去かこ100年の間に気温が上がってきていること、観測結果かんそくけっかから分かるね。このように長い時間の中で起こる、気温などの変化へんかを「気候変動きこうへんどう」と言うよ。

気候変動による様々な影響が現れているよ イメージ図
「少し気温が上がったくらいで何も問題なんか起きないよ」...と思う人もいるかもしれない。でも、そんなことはないんだ。

こうした「気候変動きこうへんどう」によって、色々な問題、「影響えいきょう」と言われるものが、すでにあらわれている。日本国内でも、様々な「影響えいきょう」があらわれているんだよ。

どんな「影響えいきょう」があらわれているのか。そして、その「影響えいきょう」に対して、どんなことができるのか。未来を安心で安全な社会にしていくため、「適応てきおう」というものについて、1時間目で学んでみよう。
気候変動による様々な影響が現れているよ イメージ図