気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)
パソコンの検索マーク
携帯の検索マーク

寒冷紗被覆によるリンゴの日焼け果発生軽減効果

掲載日 2018年7月25日
分野 農業、森林・林業、水産業
地域名 中部(長野県)

取り組み

夏季(りんご果実着色期)の高温や果実への直射日光により、果皮の色が白や橙色、褐色に変化することがあり、ひどい時には果肉も変質し商品価値が低下します。これをりんご果実の日焼けと呼び、温暖化の進行に伴い増加することが懸念されています。この対策として長野県では、果実への強い日射をさえぎるための寒冷紗を設置して日焼けの軽減をはかっています。

寒冷紗設置の様子
図 寒冷紗被覆試験の様子
(出典:農業温暖化ネット「寒冷紗被覆によるリンゴの日焼け果発生軽減効果と果実品質への影響」)
出典
長野県果樹試験場「温暖化とりんご果実の日焼けについて」試験場だより464, 2015年5月発行
http://www.pref.nagano.lg.jp/nogyokankei/letter/documents/ntk464_fru1.pdf
関連情報
農業温暖化ネット「寒冷紗被覆によるリンゴの日焼け果発生軽減効果と果実品質への影響」
https://www.ondanka-net.jp/index.php?category=measure&view=detail&article_id=426
農林水産省「平成28年地球温暖化影響調査レポート」
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/ondanka/attach/pdf/report-30.pdf
環境省「STOP THE 温暖化 2017」
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/knowledge/Stop2017.pdf
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構) 農業環境変動研究センター温暖化研究統括監室「地球温暖化と農林水産業」
http://ccaff.dc.affrc.go.jp/

ページトップへ