気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)
パソコンの検索マーク
携帯の検索マーク

カーネーションの夏季高温対策

掲載日 2020年2月28日
分野 農業、森林・林業、水産業
地域名 近畿(兵庫県)

気候変動による影響

兵庫県産のカーネーションは関西市場でトップシェアの品目であり、県を代表する花きの一つです。しかし、夏季の高温により秋季の品質低下が問題となっていました。

取り組み

兵庫県立農林水産技術総合センターでは、冬季暖房で利用が進みつつあるヒートポンプ空調機(業務用エアコン)を利用し、夏季の夜間冷房による秋季品質向上のための対策を検討しました。その結果、夏季の日没後4時間を21℃で冷房することで、品質向上や到花日数※短縮ができることが分かりました。

具体的には、夏季の日没後4時間を21℃で冷房することについて、下記のような利点や条件が明らかになりました:

  1. 無処理の切り花に比べて、秋季の茎が硬くなり、品質が向上(図1)。
  2. 終夜冷房よりも消費電力を約40%削減可能に(図2)。
  3. 年末までの切り花において開花までの日数が2週間以上短縮することが判明(図3)。
  4. 電気基本使用料を合わせた1株当たりの冷房電気料金は約10円程度と算定。夏季日没後短時間冷房の現地実証試験を実施し、その結果から、農家ほ場でも適用可能であることを確認(図4)。なお、実証ほ場での結果から、21℃での夏季日没後の短時間冷房の導入にあたっては、短時間冷房後の室内気温の上昇を防ぐため、ヒートポンプ以外に温室側窓をタイマー制御で自動開閉する装置、または、時間帯によって設定温度の変更が可能な4段サーモが必要なことが明らかに。

効果/期待される効果等

夏季に日没後4時間21℃設定の短時間夜間冷房を実施することで、秋季の秀品率が18%向上し、年末までに17%程度の売り上げ増加が試算できるため、関西市場でのトップ産地である兵庫県産カーネーションのブランド力維持に貢献できると期待されています。
(これらは、農林水産省「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業」の成果の一部です。)
※到花日数とは、摘心から開花までに要する日数。

図1 処理方法別に見る茎の硬さ(茎を水平に持った時の垂れ下がる角度)
(出典:兵庫県立農林水産技術総合センター、淡路農業技術センター)

図2 冷房の稼働時間と施設内温度
(出典:兵庫県立農林水産技術総合センター淡路農業技術センター)

図3 処理方法別に見る開花までの日数
(出典:兵庫県立農林水産技術総合センター淡路農業技術センター)

図4 現地実証試験の様子
(出典:兵庫県立農林水産技術総合センター淡路農業技術センター)

出典
兵庫県立農林水産技術総合センター淡路農業技術センター「カーネーションの夏季日没後短時間冷房で開花促進と秋季品質向上」
http://hyogo-nourinsuisangc.jp/18-panel/pdf/h27/13.pdf
兵庫県立農林水産技術総合センターホームページ「カーネーションの夏季短時間夜間冷房による開花促進・品質向上技術」
関連情報
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構) 農業環境変動研究センター温暖化研究統括監室「地球温暖化と農林水産業」
http://ccaff.dc.affrc.go.jp/

ページトップへ