気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)
パソコンの検索マーク
携帯の検索マーク

知ろう

ここでは気候変動適応を分かりやすく解説したサイトや資料などをご紹介いたします。将来起こりうる現象を予測した動画、最新の知見をまとめた資料や、観測データなどもご紹介します。

更新情報

気候変動適応について学んでみよう

気候変動適応とは? ~3つの例で覚える気候変動適応~

「食を守るため」「気象災害から暮らしを守るため」「健康を守るため」といった、身近な3つの例を挙げながら、気候変動適応について分かりやすく解説しています。

気候変動の影響への適応-未来のために今はじめよう!-

これまで世界や日本でどんな気候変動が起こってきたのか、日本ですでに起こっている影響、将来起きるかもしれない影響、適応に関する取組など、グラフやイラストとともに解説をしています。

パンフレット・学習教材など

気候変動への「適応」

「適応」を分かりやすく解説しています。気温のグラフや、影響と適応を分野別に見ることが出来ます。

目で見る適応策(概要版)

「適応」を分かりやすく解説しています。気候変動の影響と適応策をマップで一望できます。

適応策の心得

絵巻物で「適応策」とは何かを学びましょう。環境教育やWSなどにもおすすめです。

気候変動適応のミステリー
高校生・大学生の授業、社会人向け講座など、様々な場面で使える教材です。
グループワーク形式で謎(ミステリー)を解きながら、楽しく学べる教材で、指導者向けガイドブックと付録を使うと、すぐに実施できます。
◆所要時間(50分~)
学習内容に含まれている内容は以下です。
  • 気候変動の問題の本質
  • 気候変動の要因(さまざまなつながり)
  • 気候変動による日本や世界への影響
  • さまざまな地域での気候変動の適応例
気候変動適応のミステリーを活用した調べ学習プログラム
高校の授業の調べ学習に使える6時間の教材です。
グループワーク形式で謎(ミステリー)を解きながら、楽しく気候変動について学んだ後、ミステリーカードの内容をテーマに調べ学習を行い、じっくりと気候変動の影響や適応策について探究します。最後に、地域や学校で取り組み可能な適応策を考える、実践的なアクティブラーニング教材です。
指導者向けガイドブックと、生徒向けのワークシート・学習補助資料を掲載した付録を提供しています。
  • ◆実施想定教科:総合的な探究の時間、地理歴史科(地理総合、地理探究)
  • ◆使用可能な教科:家庭科(家庭基礎)、理科(科学と人間生活)、理数科(理数地学)、公民科(公共、倫理、政治・経済)、保健体育科(保健)、外国語科(英語コミュニケーションⅠ~Ⅲ)
「気候変動適応 e-ラーニング -影響・適応の基礎知識-」

気候変動適に関する影響や適応をより詳しく学ぶことができます。

未来の天気予報を見てみよう

「2100年 未来の天気予報」(2019年7月公開版)

最新の気象状況等を踏まえ、産業革命以前からの気温上昇を1.5℃に抑える目標を達成した2100年と、達成できなかった2100年の天気予報です。

気候変動に対して有効な対策をとった場合、とらなかった場合の「未来の天気予報」だよ。
2100年 未来の天気予報
 

気候変動適応に関する具体的な事例を知ろう

「自然とかかわり豊かに暮らす(谷津編)」(2020年3月初版)(PDF:6.4MB)

自然とかかわり豊かに暮らす(谷津編)
自然も、私たちの暮らしを支える重要な「インフラ(=社会基盤)」です。千葉県北部での地形を生かした取り組みを見てみよう!」

私たちの安全で便利な暮らしは、建物、水道、道路、堤防などさまざまなインフラ(=社会基盤)によって支えられています。地形や水の循環などの自然も、私たちの暮らしを支える重要な「インフラ」です。この資料では、印旛沼・手賀沼流域をはじめとする千葉県北部(北総地域)を主な対象に、この地域に特徴的な地形である「谷津」の活用のポイントと意義について説明しています。

気候変動に関する最新の科学的知見を学んでみよう

環境省

  • 「気候変動で私たちの生活はどう変わる? ~気候変動影響評価報告書~」[PDF:5.0MB](令和3年3月、環境省)
  • 「気候変動影響評価報告書」(2020年12月、環境省)

※詳細は各画像をクリックしご覧ください。

気候変動で私たちの生活はどう変わるのパンフレットが開きます(A3・4つ折り)
気候変動影響評価報告書の総説が開きます 気候変動影響評価報告書の詳細が開きます

文部科学省・気象庁

  • 「日本の気候変動2020 - 大気と陸・海洋に関する観測・予測評価報告書 -」(2020年12月、文部科学省・気象庁)

※詳細は画像をクリックしご覧ください。

日本の気候変動2020 大気と陸・海洋に関する観測・予測評価報告書 が開きます
気候変動の観測・予測及び影響評価分野の最新の知見です。特に気候変動への適応策を考える際の役立つ資料になっています!

(最終更新日:2021年4月15日)

「STOP THE 温暖化」

IPCCの知見を踏まえ、地球温暖化の原因・影響・対策について解説しています。
STOP THE 温暖化

最新の観測データを見てみよう

「生物季節観測データベース」では、様々な植物の開花日や、動物の初鳴き日や初見日などが参照できます。「温暖化影響モニタリング(高山帯)」では、日々変化する植物や雪の様子が観測されていて、将来の気候変動予測につながることも期待されています。

「生物季節観測データベース」

生物季節観測データベース
気象庁が発表する生物観測をリアルタイムに更新。さらに過去の履歴、統計情報も含めて検索可能なデータベースです。開花日、紅葉日、初鳴き、初見日など、様々な生物の情報が載っているよ!

「温暖化影響モニタリング(高山帯)」

温暖化影響モニタリング(高山帯)
日々変化する積雪・融雪の状況や、植物の様子を観測しているんだね。将来の気候変動の予測につながることも期待されているんだよ。

ページトップへ