気候変動適応情報プラットフォーム(A-PLAT)
パソコンの検索マーク
携帯の検索マーク

影響評価情報

気候変動から受ける事業活動への影響を把握することは、事業計画や適応策を検討するうえで重要です。影響評価情報や影響評価ツールを用いて確認してみましょう。

影響評価情報

国内の影響評価情報を全国及び都道府県別に確認してみましょう。「観測データ」では、過去から現在までの観測データを閲覧できます。「将来予測 WebGIS」では、対象期間に応じた分野別影響評価と将来予測を確認できます。

※AP-PLAT(アジア太平洋気候変動適応情報プラットフォーム)へ移動します。

世界の影響評価情報について確認してみましょう。Climate (気候)、Water resources (水資源)、Vegetation (植生)、Health (健康) に関して、①現在、②21世紀中ば、③21世紀末の3通りの対象期間に応じた分野別影響評価と将来予測を閲覧できます。
※現在、当ツールは英語のみ対応しています。

影響評価ツール(水リスク評価ツール)

国立環境研究所が開発した、企業の温暖化適応策検討支援を目的とした公開型世界水リスク評価ツールを紹介します。

Aqueductなど、事業の水リスクを評価する際に利用されている海外の代表的な公開ツールを紹介します。。

(最終更新日:2021年11月2日)

ページトップへ